国際ゾンタとは

国際ゾンタとは、1919年にニューヨーク州バッファローで設立・結成された、女性の地位向上のために協力し合う世界的な奉仕団体です。

「ゾンタのビジョン(将来への展望)」

国際ゾンタは、人権を持つことが女性の権利である世界、女性が持つ可能性を十分に発揮できる世界を目指します。
すべての女性が文字を知り、男性と同等の教育を受け、健康を保ち、法的権利を持ち、経済的財源を手に入れることが出来る世界です。女性が暴力におびえることなく生活できる世界です。

国際ゾンタは地区から成り立っています。世界中を地区に分け、日本は26地区に属しています。
地区はさらにエリアに分けられ、エリアには各々のゾンタクラブがあり、国際ゾンタの基本となる構成単位になります。

ゾンタクラブは毎月1回、例会を開きます。年に1回、エリアミーティングを行っています。
地区大会は2年に1度、開催します。
国際ゾンタは2年に1度、世界中のゾンタ会員でインターナショナル・コンベンションを開催します。

設立目的

  • 地域の皆様にご支援いただきながら、地球レベルで奉仕を行うことです。
  • あらゆる分野の女性の地位改善を図り、実施します。
  • 事業の経営者や専門職の人々の世界的な親睦を通して国際親善、相互理解、そして平和の向上のために働きます。
  • 人権の尊重と推進をはかります。
  • 高い倫理基準を育成し、地域社会や国家、そして人類に奉仕するために会員が助け合い、親交を深める目的のため、国際的に団結します。

以上の目的を達成するために、奉仕プログラムをつくり実施しています。

国際ゾンタ奉仕プログラム

  • アメリアイアハート研究援助資金
  • 女性事業家を目指す女性の為のJMクローズマン奨学基金
  • 公的活動に携わる若い女性への奨学基金(YWPA)
  • 国際奉仕プログラム
  • 女性と少女への暴力に対するゾンタの戦略(ZISVAW)

主な国際活動

  • ユニセフ「国際婦人開発基金」共同プロジェクト
  • ユネスコ、ILOへの訪問
  • セネガル、ガテマラへの援助
    アルゼンチン、ボツワナ、ブラジルなど13開発途上国における女性開発プロジェクトへの支援
  • スリランカの井戸発掘基金援助
    35,000人におよぶ乾燥地帯に住む住民に、安全な飲料水を提供するための井戸水プロジェクト
  • コロンビア健康・教育センター設立
  • パンアフリカ訓練・研究センター設立
  • ガーナ農村地帯に向け移動医療装置寄贈
  • ドイツに難民家庭用アンネフランク村を設営
  • ハンガリー難民への直接援助
  • ネパールの妊産婦及び子どもに対して破傷風予防注射の供給

ゾンタの歴史

  • 1919年設立 ニューヨークのバッファローにおいて
  • 1921年 ニューヨーク、シラキュースで第1回ゾンタ・コンベンション開催
  • 1930年 オーストリア・ウィーンクラブの加盟後、最初の名称
    「Zonta Con-federation(ゾンタ連合)」を「Zonta International(国際ゾンタ)」と改称
  • 1928年 シカゴに本部を開設
  • 1946年 国連の諮問機関の資格(Consultative status)を得る
  • 1948年 南米最初のゾンタクラブ(チリ)
  • 1952年 アジアに最初のゾンタクラブ(フィリピン)
  • 1961年 日本最初のクラブ「東京T」設立

ゾンタのマーク


「ゾンタ」の語源はアメリカ原住民スー族の言葉で、「誠実」「信頼」を意味します。

ゾンタについて

記事の検索


記事のカテゴリー一覧

写真

公開例会 「楽しくな〜る奉仕!!」を開催しました

公開例会 「楽しくな〜る奉仕!!」を開催しました

公開例会 「楽しくな〜る奉仕!!」のご案内

公開例会 「楽しくな〜る奉仕!!」のご案内

名古屋SORAゾンタクラブ&岐阜ゾンタクラブ合同例会を開催しました

名古屋SORAゾンタクラブ&岐阜ゾンタクラブ合同例会を開催しました

最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2010-2011 岐阜ゾンタクラブ All rights reserved.